2008年 06月 13日
毒消し?黒糖
また、うちの愛犬コロンが具合悪くしました。

いつものように夕飯をつまみにきておりまして、ちょこちょこ魚の煮付け(あまり味がなさそうな内側の肉)を食べさせていました。あとおだしに使った鰹節。


夕ご飯が終わって暫くするといきなり
「グボグボッ」と、小さな体を波打つ感じで大量に吐きまして。

それを20分の間に3回。


そしてお布団にポテンとしたかと思うと呼吸がおかしい。どんどん舌が青くなってきた!!

    こりゃーーーーヤバイ
昔おかあちゃんや叔母達が犬が倒れたとき黒糖舐めさせたら元気になったというのを思い出し、あわてて黒糖を水に溶かしぐったりしたコロンの口に少したらしてみました。

すると意識はあったのか、ペロペロ舐めたので黒糖を数回に分けて与えるとペロペロを繰り返していくうち舌の色が戻ってきました。



よがっただだだだo(T_T)o

チアノーゼはもう危険領域だと聞いていたけど戻ってきた。

でも、その後も目が離せない。
落ち着かなく異様に体を痒い痒いする。みてみるとお腹の皮膚の薄い部分が湿疹のような、皮膚が所々赤くなっている。

どうしたんだーーコロン!!

もっと濃いめに出した黒糖水を出すと結構ジャブジャブ飲んでくれて・・・



寝た。


一眠りしたらお腹へったのか、(全部吐いたから)ドックフードも食べたよ。
お腹の湿疹も消えたけど、後から気が付いたが目のうえも痒かったのか掻き毟ってうっ血し、禿げている。



あとからネットで調べたけどわかんね。
嘔吐→チアノーゼ→痒み→湿疹→部分ハゲ
これをたった2時間の間に進行させました。


だれか教えてくださあい。



黒糖に関しては昔から奄美では毒消しともいわれてます。とくに我が家では食中毒などで湿疹がでると人間にも黒糖を使用しています。私もコロンが落ち着いたのはやっぱり黒糖のお陰かしらと思ってます。

嘔吐し、チアノーゼ起こしたときは食中毒とも思わなかったけどさ、医者も頼れない離島では動物も民間療法に頼った方が応急処置が出来てよかったのかも。

とりあえず明日は担当の先生に聞いてみよう。

ワンクリックください♪人気ブログランキングに参加してます☆彡
明日はもっと元気になっていますよーに

ハゲはそのうち直るから。
[PR]

by yu-kirico | 2008-06-13 00:54 | ころん


<< コロン危機一髪!      島バナナ考 >>